早朝英会話スクールを徹底解析 > 【Q&A】早朝英会話の疑問を解決! > 早朝に英会話を習うメリットってなに?

早朝に英会話を習うメリットってなに?

「どうして英会話の勉強に早朝がいいの?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。
日中は時間が作りづらいということもありますが、朝に活動することで普段の仕事を効率が上がると言われています

早朝英会話の良いところとは?

昼でも夜でもなく、朝にレッスンを受けるとどういった効果があるのでしょうか?

cafe

早朝英会話のメリット

集中できる
朝は1日の中で最も静か。物音が少なく、集中力に支障が少ない時間帯です。そのため、勉強も集中して行うことができ、レッスンの内容もスムーズに頭へ入ってきます。
頭が整理整頓される
睡眠中に脳が取捨選択をし、不要な情報は消去されます。そのため、朝に空きが生まれ、記憶しやすいといわれています。
英語を意識し始める
朝に英会話を学ぶとことで、その日、見かける新聞やお店の看板など英語を意識するようになります。意識したぶん、脳は英語を取り入れようとするので、新しい情報を取り入れるのに最適です。
充実感を感じられる
実際、朝の時間帯に英語を勉強している人の多くが、充実感に満たされているようです。充実感がヤル気につながり、仕事をがんばれる人も多いはず!
邪魔が入らない
夜は「飲みに行こう」「遊びに行こう」と誘惑が多いもの。その点、早朝英会話なら誘惑が少ないので、英語学習に集中できます。
人脈が広がる
朝活に英会話を取り入れると、同じ目的を持っている人たちが集まるので、ふだんの生活では出会えないような人とも仲良くなれます。

その他にも、「仕事で疲れて勉強できない」「急用が入ってレッスンに行けない」といった問題も、早朝ならほとんどありません。
逆に、デメリットについてもお伝えしますね。

早朝英会話のデメリット

睡眠時間が少なくて記憶が整理できない
成人の睡眠時間は平均6時間程度。人によって異なりますが、6時間以上の睡眠を取らなければ、その日に学んだ英話が記憶に定着しない可能性も。日付が変わるまでに、できる限りベッドに入って十分な睡眠をとり、朝活にのぞむのがベストです。
日中睡魔に襲われる
早起きに慣れるまでは誰にでもあることです。睡魔に勝てずにダラダラ仕事をしていると、帰る時間は遅くなり翌日起きられない…なんてことも。そんなときは、お昼休憩中に睡眠を取ってリフレッシュするのが◎
集中力が切れる時間が早い
あまりに早い時間に起きて英会話で頭を使うと、午後に集中力が欠けてしまう可能性があります。そういったことを避けるためには、起きる時間を調節したり、こまめな休息をとることがポイントです。
勉強できる場所が限られる
朝活向けのスクールや英会話カフェは増えつつありますが、まだまだ少ないので勉強できる場所が限られているのが現状です。

早朝英会話レッスンはこんな人におすすめ!

英会話を学びたいけど、日中なかなか時間が取れない
仕事で英会話が必要になった
中学程度の英語力を上げたい
朝活を始めたいけど、何をしたらいいかわからない
夜型を改善して早起きできるようになりたい

「早朝勉強」を習慣にするコツ

1:前夜に朝活の具体的な勉強内容を決めておく
朝起きてやりたい内容を前夜に決めておくことで、起きてすぐ勉強に取りかかれます。ダラダラと考える時間を排除できるので、抑えておきたいコツです。
2:目を覚ましたらすぐに太陽の光を浴びる
太陽の光は体内時計をリセットする役割があります。体調を整えるほか、眠りを誘う「メラトニン」の分泌をとめる嬉しい効果も!眠気を吹き飛ばすために、起きたらすぐに日光を浴びる様にしましょう。それでも目が覚めない場合はストレッチがおすすめです。
3:朝ご飯を食べる1時間前に勉強
人はご飯を食べると副交感神経が働き、眠気に襲われます。そのため、早朝勉強するなら少しの空腹時にやるのが◎
眠気に負けて「明日からやろう」と後回しにするのを避けるためにも、食事前の勉強を意識しましょう。
4:勉強場所は会社・学校近くがベスト
会社・学校の近くで早朝勉強をすることで、「没頭し過ぎて遅刻してしまった」「急なトラブルにが起こった」という事態を防げます。「仕事の予定が気になって集中できない」という人も、勉強が終わり次第すぐに出勤できる場所を選ぶと安心です。
5:休日の寝だめを習慣化させない
「休日に寝だめしておく」という人も少なくないと思いますが、それは体内のサイクルが狂わせてしまう原因に。休日も身体のリサイクルを乱さないために、決まった時間に起床・就寝するようにしましょう。

早朝に勉強するメリットとは

起床後に勉強時間を設けることでさまざまな相乗効果をもたらします。こちらでは早朝に勉強を行なったときにもたらすメリットについてご紹介していきましょう。

早朝の勉強は脳の器官を活性化

朝に取り組む勉強法は、大脳辺緑系にある偏桃体という脳の器官を活性化させる効果があります。この偏桃体は感情を司っており、人の喜怒哀楽の表現に対して働きかける器官です。
朝起きた直後の体は、昨晩の夕食からエネルギーを摂取していないため、体の活動エネルギーであるブドウ糖が不足している状態です。すると、ブドウ糖が不足している状態を偏桃体が危険状態と察知し、働きが活性化させるのです。偏桃体が活発に働くと、隣り合う脳器官の海馬も活性化。海馬は記憶の出し入れを担当している器官なので、集中力や記憶力が高まった状態で勉強に臨めるということになります。

勉強時間にリミットを持たせることができる

夜に勉強する場合、就寝時間をずらすことで時間を確保できるため、何時間でも勉強時間に充てることができます。一見メリットのようにも思えることですが、集中力は何時間も続かないため、トータルの勉強時間で見てみると、効率の良い勉強時間とは言えません。
一方の早朝の勉強は、学校または仕事に向かうまでの時間がリミットになっているので、その時間までを考慮した上で勉強に集中することができます。「朝の支度を始めるまでの1時間しか勉強できない」といった制限があることで緊張感を生み出し、勉強時間の質をより良いものに高めてくれるでしょう。
さらなる相乗効果として「ツァイガルニック効果」を活用することもできます。これは物事を中途半端なところで終えると、その続きが気になってしまったり待ち遠しくなったりする心理効果です。
早朝の勉強も時間制限により不本意な所で中断したことで、その後の勉強に意欲的な意思を持つことができ、モチベーションの継続にも繋がります。

急用が入らない時間帯

1日の仕事が終わって勉強に取り組むことを習慣化しようとしても、日によっては残業を頼まれたり、飲み会に誘われたりする日も出てきます。せっかく習慣化しそうな勉強が、不確定な予定によってリセットされてしまうのです。
早朝であれば急用が入り込んでくることはほとんどないため、いつも決まった時間に勉強時間を設けることができます。英会話習得や資格取得において、勉強を習慣化することは大きな近道になります。そのため、早朝の静かで何にも邪魔されない環境を活用することは大きなメリットになりますね。

起床後の覚醒機能に作用するセロトニンについて

セロトニンと呼ばれる神経伝達物質は朝日や日光を浴びることで分泌を促進。睡眠中は分泌が抑制されているセロトニンですが、朝になるにつれて分泌量が増加。朝日を浴びて分泌されたセロトニンは血圧や呼吸、心拍の活動を活性化させ、集中力を高めてくれるのです。そのため、朝日を浴びてスッキリした状態というのは、脳が活性化して勉強を上手くこなすのにベストな状態と言えるでしょう。

早起きは常識?経営者の朝の過ごし方

世界的に見ると経営者の中には早起きを習慣にしている人が多く、大きな成功を収めている人のほとんどが朝の時間を有意義に使っている傾向が表れています。
その中でも特に有名な経営者の朝の過ごし方を見てみましょう。

アップルの元CEO・スティーブ・ジョブズ

日本国内でも多くのユーザーを有するアップル。iPhoneをはじめ、パソコンでも革新的なデザインを追求してきたジョブズ氏は、毎朝6時に起きてあるルーティーンを行っていました。2005年のスタンフォード大学の卒業式に呼ばれた際に、次のようなスピーチを残しています。
「毎朝必ず鏡を見て、”今日が人生最後の日だとしよう。自分が今日やろうとしていることは、果たして自分のしたいことだろうか?”と自問する。答えが”NO”の日が続けば、何かを変える必要があると悟り、計画を見直すようにしていた。」
自分に問いかける中で、その日1日にやるべきことを確認することにもつながるこの手法は、多くの人々の胸に届いたルーティーンでもあるでしょう。
また、6時に起きた彼は子供たちを起こすまでの静かな時間を仕事に充てていたようです。アップルに出社するまでの時間をクリエイティブな仕事に充てることで、早朝の時間を有効に活用していました。

スターバックスCEO ハワード・シュルツ

今や世界各国に店舗を構えるスターバックス。同社のCEOを務めるシュルツ氏は毎朝4時30分に起床して、6時過ぎには出社していることでも有名です。「毎朝のちょっとした投資が、その日のすべてに影響を与えている」と口にするほど、朝の時間を大切にしているシュルツ氏。そんな彼が毎朝行なっている習慣についてご紹介してきます。

レモンウォーターを飲む

朝起きたばかり体内はエネルギー不足の状態で、摂取した食べ物から栄養を積極的に吸収しようとします。そのため、最初に口にするものに気を遣っているそうです。
レモンはビタミンCをはじめ、カリウムなどのミネラルが主な栄養素のため、必要以上に栄養素を吸収する心配がありません。体の器官や機能性を保つ上で重要な栄養成分でもあるため、レモンウォーターで摂取したい成分を中心に取り入れているのです。

1日の目標を決める

シュルツ氏は毎朝、その日1日の目標を明確に設定していると言います。1日という短期的な目標を持つことで、今日やるべきことが明確になり、時間に無駄のない働き方につながっているのでしょう。
1日の目標と同じく、毎朝スケジュールを立てているようです。全世界に店舗を持つCEOともなると、矢継ぎ早に仕事の依頼や会議が舞い込んでくるでしょう。毎日最高のパフォーマンスに近づけるために、頭の中がスッキリしている朝にスケジュールを組んでいるのでしょう。

著名人もおすすめしている早起きの効果とは

国内でも脳科学や心理学に基づく著名人が早起きすることを推奨しています。こちでは著名人がおすすめする朝の過ごし方について紹介していきましょう。

脳科学者・茂木健一郎

テレビや書籍などのメディアで活躍している、脳科学研究者の茂木氏は朝型のライフスタイルと脳には深い関係があると述べています。
人間は本来、周囲が明るく照らされたら起きて、日が沈んで暗くなったら眠りにつくという習慣的なサイクルを繰り返してきました。電光技術の発達によって人工的な明かりが日常に溢れるにしたがって、現在の私たちの生活は夜型にシフトしていっているでしょう。
茂木氏は「脳は本来、太陽の光を浴びることでさまざまなホルモンを分泌するために働き始める」と述べています。朝活は脳が持つ本来の生活リズムに適した時間の使い方で、ストレスなく活動できる時間帯であるというのです。
脳は睡眠によって記憶の整理を行なっているので、夜眠りについているときに情報の整理が行われます。そのため、起床後は脳が整理された状態。つまり、新しい情報を取り入れたり、クリエイティブなことをしたりする状態に整っています。茂木氏は起床後の2時間の時間帯を「ゴールデンタイム」と呼び、この時間の活用方法が人の学習効率を大きく高めると訴えているのです。
朝活のメリットを最大限に受ける条件として、前の晩に早く寝て、質の高い睡眠を取ることが最も重要だと言います。睡眠に入る前にリラックスしている状態だと睡眠の質を高めやすくなるので、自分なりのリラックスできる習慣を見つけてみるのもいいですね。

メンタリスト・Daigo

テレビを中心に活躍しているメンタリスト・Daigo氏は、これまでに集中力や学習方法について、多くの書籍を発行してきた実績を持っています。Daigo氏も脳科学者・茂木氏と同様に、起床後の2時間はとても有用な時間だと述べており、その中でも特に重要な30分間について書籍で言及しています。十分に睡眠を取り、朝食を終えた30分間。この時間は1日の中で最も集中して物事に取り組める時間帯で、自分をコントロールしやすい時間帯なので、この時間を活用して自己実現のための取り組みを行なっていると言います。
夜は1日の疲れを背負った時間帯です。このとき、新しいことに挑戦しようとする意志力や集中力は朝と比べると大きく下回っているのです。そのため、新しい分野のことを学習する時間や、家に仕事を持ち帰って対応するという行動は、とても非効率なものになってしまうのです。

イケてる女性の朝活BEST3  デキる男性の朝活BEST3