早朝7時からOK!
人気の英会話スクールBEST3

早朝英会話スクールを徹底解析 > 【Q&A】早朝英会話の疑問を解決! > 早朝に英会話を習うメリットってなに?

早朝に英会話を習うメリットってなに?

「どうして英会話の勉強に早朝がいいの?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。
日中は時間が作りづらいということもありますが、朝に活動することで普段の仕事を効率が上がると言われています

早朝英会話の良いところとは?

昼でも夜でもなく、朝にレッスンを受けるとどういった効果があるのでしょうか?

cafe

早朝英会話のメリット

集中できる 朝は1日の中で最も静か。物音が少なく、集中力に支障が少ない時間帯です。そのため、勉強も集中して行うことができ、レッスンの内容もスムーズに頭へ入ってきます。
頭が整理整頓される 睡眠中に脳が取捨選択をし、不要な情報は消去されます。そのため、朝に空きが生まれ、記憶しやすいといわれています。

英語を意識し始める

朝に英会話を学ぶとことで、その日、見かける新聞やお店の看板など英語を意識するようになります。意識したぶん、脳は英語を取り入れようとするので、新しい情報を取り入れるのに最適です。
充実感を感じられる 実際、朝の時間帯に英語を勉強している人の多くが、充実感に満たされているようです。充実感がヤル気につながり、仕事をがんばれる人も多いはず!
邪魔が入らない 夜は「飲みに行こう」「遊びに行こう」と誘惑が多いもの。その点、早朝英会話なら誘惑が少ないので、英語学習に集中できます。
人脈が広がる 朝活に英会話を取り入れると、同じ目的を持っている人たちが集まるので、ふだんの生活では出会えないような人とも仲良くなれます。

その他にも、「仕事で疲れて勉強できない」「急用が入ってレッスンに行けない」といった問題も、早朝ならほとんどありません。
逆に、デメリットについてもお伝えしますね。

早朝英会話のデメリット

睡眠時間が少なくて記憶が整理できない 成人の睡眠時間は平均6時間程度。人によって異なりますが、6時間以上の睡眠を取らなければ、その日に学んだ英話が記憶に定着しない可能性も。日付が変わるまでに、できる限りベッドに入って十分な睡眠をとり、朝活にのぞむのがベストです。
日中睡魔に襲われる 早起きに慣れるまでは誰にでもあることです。睡魔に勝てずにダラダラ仕事をしていると、帰る時間は遅くなり翌日起きられない…なんてことも。そんなときは、お昼休憩中に睡眠を取ってリフレッシュするのが◎

集中力が切れる時間が早い

あまりに早い時間に起きて英会話で頭を使うと、午後に集中力が欠けてしまう可能性があります。そういったことを避けるためには、起きる時間を調節したり、こまめな休息をとることがポイントです。
      

勉強できる場所が限られる

朝活向けのスクールや英会話カフェは増えつつありますが、まだまだ少ないので勉強できる場所が限られているのが現状です。

早朝英会話レッスンはこんな人におすすめ!

英会話を学びたいけど、日中なかなか時間が取れない
仕事で英会話が必要になった
中学程度の英語力を上げたい
朝活を始めたいけど、何をしたらいいかわからない
夜型を改善して早起きできるようになりたい

「早朝勉強」を習慣にするコツ

1:前夜に朝活の具体的な勉強内容を決めておく
朝起きてやりたい内容を前夜に決めておくことで、起きてすぐ勉強に取りかかれます。ダラダラと考える時間を排除できるので、抑えておきたいコツです。
2:目を覚ましたらすぐに太陽の光を浴びる
太陽の光は体内時計をリセットする役割があります。体調を整えるほか、眠りを誘う「メラトニン」の分泌をとめる嬉しい効果も!眠気を吹き飛ばすために、起きたらすぐに日光を浴びる様にしましょう。それでも目が覚めない場合はストレッチがおすすめです。
3:朝ご飯を食べる1時間前に勉強
人はご飯を食べると副交感神経が働き、眠気に襲われます。そのため、早朝勉強するなら少しの空腹時にやるのが◎
眠気に負けて「明日からやろう」と後回しにするのを避けるためにも、食事前の勉強を意識しましょう。
4:勉強場所は会社・学校近くがベスト
会社・学校の近くで早朝勉強をすることで、「没頭し過ぎて遅刻してしまった」「急なトラブルにが起こった」という事態を防げます。「仕事の予定が気になって集中できない」という人も、勉強が終わり次第すぐに出勤できる場所を選ぶと安心です。
5:休日の寝だめを習慣化させない
「休日に寝だめしておく」という人も少なくないと思いますが、それは体内のサイクルが狂わせてしまう原因に。休日も身体のリサイクルを乱さないために、決まった時間に起床・就寝するようにしましょう。

イケてる女性の朝活BEST3  デキる男性の朝活BEST3